ナオエのドンキー日記 # 03

12月27日
すっからかんの晴れ。横浜のサムズ・アップにて恒例の年末バンブルビー・イヴェント。品川からは高速すいすいで早めに着いたので余裕しゃくしゃく。バンブル金野に手伝ってもらって、車に積みっぱなしだったフェンダー・ツイン・リヴァーブを下ろす。これが重い(VOXアンプはこれよりもっと重い)から先日、小さめのデラックス・リヴァーブを奮発して購入したというのに、これじゃあねぇ。いや、それをまた車に積み替えるのがひどく面倒だったのだ、単に。モス・チキンを買い食い。リハをなんとかこなし、途中、平澤に頼んで中古レコード屋に連れていってもらう。20分ほど静かにレコードを眺めて心が落ち着いて、ブッカーT & The MG'Sの欲しかったLPを買いそうになったけれど、盤質が悪かったので何も買わずに戻る。

さて、本番。椛沢崇昭トリオはその個性にビビっと来る。熱い演奏。2曲目は「ポップなナンバーです」と言うわりにPOPではないところがミソ。きみたちの目指す音そのままでアルバムを作りましょう。期待大。

上田ケンジ・トリオもあいかわらずすごく良い。力みなく、しかも涙たっぷりのウエケンの歌世界(実際、よく見ると太い涙を流しながら一点を見つめて歌っている)はすごくすごく貴重だ。声も沢田研二に似てるし。新しいアルバムが楽しみ。超ブレイクの予感あり。

神園さやかさん(先日のAXにもわざわざ挨拶に来てくれてありがとう!)は3歳から歌をはじめたそうで、体中で自然にコントロールができているとても優しい声だ。「おじいちゃん」は親しみのもてる良い曲。MCから歌に入る瞬間の荘厳な何秒間の緊張感、その佇まいにしびれたし、ゴスロリの衣装も観ているうちにすごく良く思えてきた。これぞ魔法。楽屋で肉をほおばっていたさやかさんに「お父さんお母さんは応援をしてくれていますか?」と聞くと「はい!」という元気な言葉。よかった。がんばりましょう!あと、おれの着替えの間じっと向こうをむいていてくれてありがとう。

「おじいちゃんでーす」と登場のジャック達。何も言うことはない。一色さんのMCは20年以上前から最高。「奥歯にピザが挟まって…」って何回言った?「一色進を飼いたい」と言ったのはたしか鈴木慶一さんでしたか?その気持ちわかるなぁ。良いメロディと歌詞の正直さ。これを宝と言わずにどうするの?評論家のみなさんももう一度ちゃんと評価してくださいね。1st『My Beautiful Girl』は東武東上線の匂いが充満した城北サウンドの傑作。男の夜明けの哀愁を歌った「みみずく」が生で聴けて最高だった。

もうジャック達で笑いすぎてすでに声帯がつりそうだったけど、おれは何をやったんだけかな?「バッファロー」「野いちご」「シナモン・ガール」「Strange Days」「Sweet Baby」「Juicy Lucy」だったかな。先月、事故で亡くなった羅針盤のチャイナさんの思い出として、2001年に心斎橋のクアトロで共演したニール・ヤング「シナモン・ガール」を心こめて歌い、鳴らした。これはバンブル金野とおれの強い思い。「今日、歌おう」とふたりで決めていたのだ。

アンコールに飛び入りで参加が決まっていた加藤いづみちゃんが遅れて会場入りした時に「Sweet Baby」はいきなり歌える?と聞いたところ「うーん、どうかな?急に歌えるかな?ビートルズだけでいい?」とまで言われていたくせに、本番でいきなり呼び込み、「Sweet Baby」歌わせたおれはSだろうか?しかし、さすが、歌中で練習しながらの本番とはいえ、見事に歌いこなしてくれました。さらにビートルズ「プリーズ・プリーズ・ミー」でのピアニカや「愛のさざなみ」もぶっつけで歌いこなしてくれた。さやかさんといい、いづみちゃんといい、女性は根性座っています。

店で飲み、さらに外で飲みでワイワイと横浜の夜を彷徨う。ジョナサンでハンバーグ食って酔いがさめたのは結局朝5時。駐車料金が莫大。横浜の駐車場の料金はちょっと怖い。

BGM : Duster Bennett & His House Band 『Smiling Like I'm Happy』

12月26日
翌日のイヴェント用の歌詞を整理。「歌う」ということは、そこに至るまでの自分自身を表わすこと。心の奥の底力を確認したり、試したりすることもできる。気持ちがグラグラしていたら歌もグラグラしちゃうのだ。程よいストレスは逆に気を引き締めることもあるけれど、まずはまっさらな状態で自分はどんな位置にいて何が出来るのかを知りたい。イヴェント出演はそういうことを発見するチャンスでもある。その時々の体調や気分もあって、ストレスなしで現場に辿り着くことって意外と少ないからなぁ、どうか明日も8日も気分や天候がおだやかであってほしい。

BGM : Randy Newman 『Little Criminals』
[PR]
by straight_branch | 2005-12-29 06:24
<< ナオエのドンキー日記 # 04 ナオエのドンキー日記 #02 >>