ナオエのドンキー日記 #31

 こんにちは。おれは元気でやっております。もろもろの事情で遅れていた映画『Rock Love』も最終版を確認しました。おもしろいよ!上映等の詳細をお楽しみに。書籍の詰めもこれからギューっと。きっと良いものになるはず。あさってはカーネーション(5人編成)でゆうばり、そして札幌ソロ公演と、旅モードです。なんかぞわぞわしてきました。楽しみにしておりますので。もろもろよろしくお願いいたします!!



6月28日
 ピック10枚と水彩用の筆を4本購入。
BGM : Lucinda Williams 『Happy Woman Blues』

6月27日
 暑い。実家で朝からドカ食い。昼間に渋谷。ようやく衣装を買いに。水を飲みつつ歩き回る。リハ2日目。今日は渡辺シュンスケ参加で5人練習。ゆうばりは5人編成。すごくいいかんじ。以前、このスタジオで働いていたOさんはすでに大手の保険屋さんにバリっと転職されているのだけど、今日わざわざ挨拶にきてくれた。大田くんの命令でミキサー卓の調整もちょっと(笑)。大塚で飯。洋書の画集を2冊ほど注文。
BGM : Aretha Franklin 『Let Me In Your Life』

6月26日
 早稲田で西池くんを迎えての4人リハ。考えてみれば半年ぶりのライヴ・リハか。あと何日かで、なじみのこのスタジオが閉店とのこと。なんかとても残念。
BGM : Aretha Franklin 『Live At Fillmore West』

6月25日
 取材が飛んだ。昼間に衣装を買いにいけるかと思ったけど、やはり起きれなかった。代官山ピーコックのケーキ屋さんにて生ハムとチーズとトマトのサンドウィッチとアイスコーヒーを買い食い。コーヒー豆も購入。予約していた美容院でヘアマニキュア。「どうぞ」と出された写真雑誌や写真集に目は釘付け。ブレッソン見てたら泣けてきた。リヒターの画集も秀逸。美容院の帰りは中目黒で降りてめし屋探したり、ほんのちょっと歩くのが楽しい。iTunesにアリーサ・フランクリンを数枚ぶちこむ。あの歌のテンションの高さ、この歳になって本気で沁み入ってきた。
BGM : Aretha Flanklin 『Lady Soul』

6月24日
 調べものをして、アイデアをまとめてboidに送信。樋口さんの返信は「つまりShady Groveなんですね」。思わず、はっとした。そう、おれは、いつも何気にシェイディ・グローヴな風景に帰ろうとしているのだった。どういうことだろうか?海外から取り寄せしてくれるweb書店で、とある写真集を注文。謎の解明にも一歩くらいは近づけるかもしれない。
BGM : Quicksilver 『Shady Grove』(写真)

6月21日
 雨よダムに降れ。夏日。久しぶりにマッサージ。湾岸スタジオで政風会のミーティング。今日は犬に吠えられなかった。コケッコ〜。
BGM : Mio Fou の新作 

6月20日
 御茶ノ水の山の上で恒例の取材。中山義雄さんに「今日はムッシューかまやつですね」と言われた。帽子か?その後、2枚ほど中古LP買って、神保町にてCDJビートルズやくざの藤本さんとスタッフと飯食ったり飲み。マッカートニー新譜発売記念の泥酔会。もちろん恵比寿に移動してトラヴェリング・ウィルベリーズ聴きながら飲んで朝。
BGM : トラヴェリング・ウィルベリーズの附録DVD

6月18日
 恒例の水星逆行ということで電車も何もかもが遅延だらけだし、無駄な道路工事も増える不思議。ま、別にいいけど。品のまったくないブコウスキー映画のDVDを観る。
BGM : Broken Social Scene 『Broken Social Scene』

6月15日
 会報発送作業。そのデザインを担当してくれていた山際くんが退社とのこと。おつかれさまでした!ありがとう。彼が裏の裏の番長だったので、これからおれもしっかりしないとな。社長とコロムビアに移動してパイロット版2号試写見て、メンバーやスタッフ大勢と居酒屋に集結。朝7時頃まで飲む。まぶしい朝陽は苦手だ。

6月13日
 暑い夏日。鳥羽宅のSmall Town Studioへ。カーネーション映画のエンディング曲。ミックス確認。
BGM : Lou Reed 『The Raven』

6月12日
 気を入れ替えるためには、まずは車に乗る。おふくろに頼まれていた水彩用紙やホルベインのガッシュ12色等購入。パン屋さんで焼きたてのコッペ2個買って「ご自由に御持ち帰りください」のパンの端っこをいただく。実家で飯。ファンカデリック『Maggot Brain』を超久しぶりに聴いた。
BGM : Funkadelic 『Maggot Brain』

6月11日
 ムーンライダーズ『1979.7.7 KUBOKODO』はおれがはじめて観に行ったムーンライダーズ。先日、楽屋で鈴木慶一さんにその話をしたら「送るよ」と。あの日あの時に歌っていたご本人の事務所から届いたそのCDはまさにおれの人生を揺るがしたあの瞬間の記録。このデ・ジャ・ヴのような、運命のカードを裏返したような不思議な感覚は一体何だろう?感慨以上のものがある。グッときちゃって風呂入って朝方、途中だった乙一「暗黒童話」を読了。
BGM : ムーンライダーズ『1979.7.7 KUBOKODO』

6月9日
 小平で友人の個展を拝見。その場にいた友人全員が褒めた一枚の風景画は、画家によれば今回ボツにしようとした作品だったらしい。作者と作品と批評の関係とはそういうものだ。もちろん居酒屋で大いに飲む。朝方、目がさめて、boid樋口さんからいただいたサンプル『Grand Theft Parsons』を観る。グラム・パーソンズの遺体をロード・マネージャーがかっさらって砂漠で焼く話。TVドラマだそうだ。どたばた調。やっぱり歌詞がいいなぁ、泣けるなぁ。
BGM : Flying Burrito Brothers 『Burrito Deluxe』

6月8日
 東銀座の試写室で『ブラック・スネーク・モーン』を観る。クリスティナ・リッチ。その後、歩いて学生時代に2年間バイトしていた喫茶店にちょこっと顔を出す。隅から隅まで27年前から何も変わっていない。奇跡だねこりゃ。さぁ、蝶ネクタイしめて働くか、みたいな気になる。「あなたは元従業員だからいいのよ」とアイス・コーヒーごちそうになった。日本コロムビアで映画のミーティング。ポールの新作、素晴らしい。どことなく10ccみたいに凝った英国のロック・アルバム。曲が良い。お元気でなにより。
BGM : Paul McCartney 『Memory Almost Full』(EU Deluxe Edition)

6月7日
 ポールの新作購入。ネストでエクスペリメントイのライヴを拝見。メロディアスだ。しかも力強い。朝までめちゃくちゃに飲む(いつからこんな大人に…)。音楽出版社から出た松永良平さんの「20世紀グレーテストヒッツ」という本がおもしろい。

6月6日
 山の上で恒例の取材。大寝坊で遅刻。あやまりながらあわててかけこむと、中山義雄さんに「一瞬、山口冨士夫かと思った」と言われた。髪の毛ぼうぼうか?終ってユニオンのぞいてからJR御徒町で降りて歩く。特殊な揚げ方で有名な2300円の某とんかつ屋に惹かれた。しかし今日は疲労困憊。揚がるまでにじらされたらキレそうだ。今日はやめておく。
BGM : Leon Russell 『Will O' The Wisp』

6月5日
 鳥羽くんスタジオで新たな編集作業。いいかんじ。実家に行って刺身を食う。
BGM : 荒井由実『ひこうき雲』
f0008928_22544189.jpgf0008928_22552690.jpg
[PR]
by straight_branch | 2007-06-28 22:58 | 直枝政広のドンキー日記
<< ナオエのドンキー日記 #32 ナオエのドンキー日記 #30 >>