ナオエのドンキー日記 (鳳凰編) #4

 こんにちは!じつはこうみえてもニュー・アルバムに向け曲書き中なのです。
 さて、イヴェントのお知らせです!来る2月22日(金)、下北沢の風知空知にて『宇宙の柳ゼミ』開催が決まりました。ソロ・ライヴならびに書籍『宇宙の柳、たましいの下着』をテキストにレコードを廻し大いに語るつもりです。是非是非、本を持参のうえお集りください。その詳細はcarnation-web.comのNEWSにありますが、2月5日からチケット予約の受付がはじまります。ちなみに関西等でも開催する予定がありますので近く発表をお待ちください。どうぞお楽しみに。あと2月2日は赤坂グラフティ。タマコウォルズのライヴでこってりと共演します。こちらも是非!


1月28日
 気になってたカレー屋さんに行く。店主はおしゃべり好きなおかみさんで、話を聞くに世の中の捩じれの仕組みがよくわかってらっしゃる。さてさて、視力が落ちて久しいので、いよいよ運転用の眼鏡(黄色のフレーム)を作った。両目のピントがくっきり。そのエッジの効いたクリアな世界におもわずのけぞる。いかに今までボケボケで運転してたかがよくわかった。感動。この調子だと普段用も近く用意せねばなるまい。

1月23日
 電車で堀江敏幸『雪沼とその周辺』を読み始める。国際フォーラムでルーファス・ウェインライト公演。自分の好きな感じをああやって全部観せられちゃもうたまらない。「一杯いきますか」と鈴木慶一さんや妖精の村のIくんたちと中学同窓生のやっている割烹へ飛び込む。築地直送なので魚がめちゃくちゃ旨い。時価メニューも並ぶが刺身の思わぬサーヴィスもあり、ありがたく飲ませてもらう。何食ってもとろける。トイレにもいかず座敷の音楽談義。おしっこがもれそうだったのが北千住。しかし我慢。常磐線で妖精の村のIくんに「タウンズ・ヴァン・ザントは全部聴きなさい」と震えを我慢しながら語る。

1月22日
 先週でようやく新年会モードも落ち着いてホッと。何曲かMySpace用にエディット。頭の中にしまいっぱなしだった新曲も陽にあてないといけない。ギターにて再び曲が降臨。

1月17日
 大切な時間なのに、しかし何をすることもなく(何もすることができず)ただ音楽に浸るしかないのだ。瞬時に興味があちこちに飛び交う。自分のジャジメントを訓練するかのように音の網の中でもがき始める。曲作り期間はだいたいこうだ。

1月15日
 親戚宅でお寿司をごちそうになる。夜、昨日のカセットからライヴ音源をProToolsに放り込み調整。エディットしてファイル化。『敗戦日記』読了。東京の焼け野原をおれも歩いた気になった。最後は作者もノイローゼ気味になっていたが、激動と不安だらけの日常が身体に良いわけがないのだ。8月15日周辺の日本人、その静かな恐怖の心理描写が痛い。何故か活字が楽しいので、また頭から読み返しだした。複雑な思いのまま深夜に讃岐うどんを茹でる。

1月14日
 今年はまず運気をあげるためにも良い鞄が欲しいところ。まぁ、それよりも3週に一度の美容院。シャンプーとカラーで気も整うというものだ。帰りにふらっと寄った古本屋でLPの思わぬ掘り出し。ローリング・ストーンズ『メインストリートのならず者』のワーナー初期盤のオレンジ帯付きポストカード揃い完品の美品がなんと300円。他にも珍しい帯付きLPがザクザクと。まるで夢のようだ。荷物は重いが嬉しくて重くない。というわけで鼻息荒くハンバーグ屋に入りご飯おかわり。さらに夜中に机の引き出しから懐かしいカセット発見。2001年7月7日、難波ベアーズでの直枝政広&Love ExperienceとHopkins 。これ、まことに熱い音源であった。何曲かエディットしてそのうちMySpaceに置こうと決心。なるほど今日は掘り出しの日か…。
f0008928_22454423.jpg
[PR]
by straight_branch | 2008-01-28 22:53 | 直枝政広のドンキー日記
<< ナオエのドンキー日記 (鳳凰... ナオエのドンキー日記 (鳳凰編... >>