ナオエのドンキー日記(鳳凰編) #8

 渋谷クアトロ『シュガータウンの荒馬』にご来場のみなさん、ありがとうございました。久しぶりのトリオ気持ちよかったなぁ。次のカーネーションは『都まつり』ですよ。縁のあるゲストの方々を迎えつつも基本はトリオでいきます、どうぞお楽しみに。その前にいろいろソロでイヴェントもありますのでそちらも是非。

 4/24はヒックスヴィルの440でのイヴェント(ソロ弾き語り+セッションあり)、4/27は大阪ワイルド・バンチで『宇宙の柳ゼミ』(carnation-web.comのみで予約受付中。関西ではおそらく"今回が最初で最後"のゼミになりますので絶対にお見逃しなく!レコードを聴きながらの講義と弾き語りです)、5/2は多彩なゲストを迎えての夜遊び企画『Straight Branch Vol.2』と続きます(急遽参加決定のブラウンノーズとアコースティック・トリオ(予定)でやりつつ、DJも)。よろしく。



4月20日
 山高登個展を銀座で拝見。実家でたらふくおいなりさん。
 
4月18日
 起きて、大好きなGene Parsons『Kindling』をLPで聴く。ついに仕事場の蛍光灯が切れて真っ暗。電球スタンドを付けその下で読書など。ふと思い立ってPerfume『GAME』を国道沿いのCD屋で買ってきて聴く。2曲目イントロで思わずトニマン(Tony Mansfield)か!とわざと勘違いしてみる。いい仕事だ。「マカロニ」も思わず嫉妬したくなるほどの名曲。

4月17日
 鈴木慶一『ヘイト船長とラブ航海士』(MONO)LPを聴く。そもそも中低域の分厚い人懐っこさにMONO盤の特性があるわけだけど、ここではそのド迫力にまず舌をまく。特にシンプルな歌ものとの相性がよく「An Old Chicken Boy」など、盤の内側でも歪まずにレヴェルも落ちることもない。これほどまでにレンジの幅をもったLPレコードが生産可能であるという事実がうれしい。こうなればLPはもとより"MONOの時代よ来い!"である。ミックスもそのマスタリングも的確。「煙草路地」のライヴ感はLPでさらにあがった。曽我部くんまたまたじつにいい仕事!

4月13日
 雨模様。とある小説を書き写し中。わざわざ書き写さねばならぬ「何か」を感じたのだ。事務所に機材を受け取りに。品川の実家にアンプを置いて戻ってまた書き写し。われながらかなりアホだと思った。

4月12日
 みごとに二日酔い。軽くゲロ吐いて、外に出て大井競馬場のフリマをのぞいてみる。スレた業者が多く面白みに欠けるが気晴らしにはいい。結局何も買わず。酔いは15時にすっきり消え、中原昌也『作業日誌』ついに読了(面白すぎた)、とにもかくにもDVDやCDを捜しにいきたくなる。またまたジャスコで刺身を買い、夕飯たらふく食って寝たり起きたり。

4月11日
 朝10時半に起床。クアトロに14時入り。音決めに時間かけつつすべての曲のリハこなす(写真)。楽屋弁当はとんかつ(うれしいじゃないか!)。持参のおにぎり(うめぼし)で食す。妖精の村のIくんからDuffyのアナログ盤LPを受け取ったり、いつもお世話になっている美容院のMさんとNさんが急いで来てくれて髪の毛をセットしてくれて、これで気が整った。今日はのっけからお客さんのノリがすごくいい感じ。演奏もいい出来だった。トリオ演奏に求められる基準は果てしなく高いものだが、今回はその秘密のポイントを経験としていくつかつかめたような気がする。とにかくあの場を盛り上げてくれたお客さんに心から感謝。終演後、鳥羽くんが楽屋にまっさきに入ってきて「すごかった。感動したー」と一言。うれしかった。さらにフェンダー・アンプのEQセッティングのマル秘情報も得る。いいこと聞いた。長門さんからは鈴木茂『BAND WAGON 2008』と『LAGOON 2008』のCDRをいただく。Tシャツも完売。山本ムーグが売り子としてがんばってくれたらしく、あいつやっぱりおれのこと好きなんじゃないか?とも思った。一次会の後、恵比寿に移動。かなりギャァギャァ騒いだかもしれない。店内に『BAND WAGON 2008』(アップグレード盤はとても贅沢な内容!)がかかると、立ち上がって熱唱の山本ムーグ。鈴木茂の声まねがほんとに似ていた。歌わせたら世界一だろう。んで、さらに飲む。何飲んだか忘れた。京浜急行に乗った記憶も薄い。
f0008928_324246.jpgf0008928_3241787.jpg
[PR]
by straight_branch | 2008-04-21 02:42 | 直枝政広のドンキー日記
<< ナオエのドンキー日記 (鳳凰編... ナオエのドンキー日記 (鳳凰編... >>