ナオエのドンキー日記(未来編) #1

 こんにちは。14日のリキッドルームにお越しいただいたみなさんありがとうございました!たくさんの人が集まってくれて騒いで盛り上げてくれたこと、ほんと心から感謝しています。次のライヴは11月15日の「月見ル君想フ」。ドラムスに中原由貴さんをお迎えいたします。どうぞよろしく。(この日記も唐突に『未来編』に突入します〜)



9月17日
 朝はご飯おかわり。おじさんの車を借り、ヤマジュンを乗せてちょっと買い物。途中でもちろんソフトクリーム。午後の新幹線で帰京。じつにのんびりとしたいい旅をさせてもらった。精神疲労はとれたが、さすがに身体はつかれている。

9月16日
 熟睡。朝5時51分に起床。すでに両親は起きて散歩のようだ。外に出ると朝露も涼しく気持ちよい。おれもふらっと懐かしい景色の中を散歩(写真)。朝食後、長男が運転するマイクロ・バスに乗って平泉へ(写真)。田んぼの延々と続く景色に心が洗われる。おじさんの言葉はさすがに方言がディープで難解だが少しずつ理解できるようになる。中尊寺の金色堂はじつに見事だ。両親も急な長い坂をあそこまでよく登った。が、さすがに堪えたか中は見ずに降りて行った。蕎麦を食ってから、空飛ぶ団子の厳美渓を見学。震災の影響の残る栗駒山地方を抜けつつ戻る。途中、栗拾いというおみやげも。おじいちゃんの実家を眺めたり、その妹さんの農家(ブリーダーでもあるそうで犬がたくさんいた)に寄って柴犬をぐりぐりさわったり。楽しい1日となった。夕食は寿司。魚ももちろん旨いのだ。いとこの作った中華料理がこれまたうまい。ミツルの運転する車でジャンク屋めぐり。ここまで来てキンクスの紙ジャケCDを購入。すでに何枚目かの『ヴィレッジ・グリーン』。でも今回の旅のみやげとしては完璧である。夜中までミツルたちと飲み続ける。

9月15日
 9時。いとこのヤマジュンの電話で起床。品川で待ち合わせ、東京駅からふたりボーっと東北新幹線で宮城へ向かう。13時に古川駅で先に法事をすませていた両親と待ち合わせ。父の実家のお墓参り。ちゃんと手をあわせて報告することはたくさんある。ようやく来れたので肩から力がぬけてゆく。母の実家へ移動、おじいちゃんおばあちゃんの墓参り。敷地内にある観音様や裏の神様にも今回はじめて手をあわせる。夕方にはバンに乗って伊豆沼見学。曇り空の幽玄。もちろんおやつはソフトクリーム。夕食は人も集まりにぎやかに庭でバーベキュー。古川牛最高。三代目のミツルとミキ、犬のハナちゃんも一緒に遅くまで夜空の下で飲む。空気がひんやりしてきれいでとても気分がいい。

9月14日
 晴れ男なので晴天。そうこなくっちゃ。朝10時起き。夕べはあまりよく眠れなかったが、飯だけはがっつり食う。電車で恵比寿。リキッドルーム。13時入り。御神輿でにぎわう明治通り。縁起がいい。リハをたっぷり。楽屋弁当は米一口だけ。いつも世話になっている美容院のMさんNさんコンビに髪の毛をセットしてもらい気を整える。衣装担当のニシも早く入ってシャツを選んでくれた。結局、みんなに助けられてばっかりだ。ゲストのアイゴンと飛び入りの鳥羽くん、曲数も多く大忙しだった佐藤くんありがとう。それぞれ楽しんでくれたようでよかった。自由度高くもバンドのアンサンブルの贅を追求、演出させてもらった。メニュー的には「Low Pressure」が目玉。これだけは今回必須で!とバンマスのゴリ押しの選曲。あっという間の3時間。25周年にちなんで25曲。汗だく。二次会はSailin' Shoesで朝まで飲む。おれに多大なる影響を与えたA高校同級生のY(『宇宙の柳』P101参照)のこともみんなに紹介できてよかった。休日にもかかわらずお店を開けて迎えてくれたナミオカさんありがとう。しかしながら恵比寿から品川の実家までどうやって帰ったのか、その間の記憶がポッカリない。この後の旅に向け、炊飯ジャーの電源抜いてガスの元を消したのは覚えている。2時間くらい寝たのか。


9月13日
 マッサージ。深夜に品川へ。

9月12日
 衣装を探しに銀座。シャツ買って、HMVでクレア&リーズンズ購入。そして美容院。

9月9〜11日
 代々木八幡にてリハ。ゆるずは夕方になると酒が飲みたくなるらしい。おれは佐藤くんと居残り練習。車ではニール・ヤングばかり聴いている。
BGM : ニール・ヤング 『プレーリー・ウィンド』

9月6日
 マッサージ。

9月5日
 赤坂グラフティでタマコウォルズ。終わりかけにようやく間に合う。西池歌唱爆発。鳥羽修は絶対に原子力使って弾いているし。リズム隊のうねりたるや怪獣。佐藤くんはピアノを斧で壊すし。音楽のありかたが東宝映画『地上最大の決戦』というか『地球防衛軍』。こりゃ、録音して続々とライヴ盤を出すべきだね。観に来ないと損だよ、ほんと。やっぱりウエケンも来てたし。で、佐藤くんに数曲の譜面を渡す。ビール2杯飲んで最終ぎりぎり。

9月2日
 『en-taxi』原稿書き上げる。選曲のために『Wacky Packages』を取り出して久々に聴く。
BGM : ニール・ヤング『プレーリー・ウィンド』

9月1日
 ウェブで事務所移行のお知らせ。カーネーション オフィスのはじまりのためのはじまり。徐々に動きだしております。今後もどうかよろしくお願いいたします。(後日発表された矢部くんの休養についてはウェブ上の彼の言葉に直に触れてください。おれたちからは「とにかく治せ。待つから」と伝えてあります。)
BGM : Zero 7「Throw It All Away」
f0008928_633581.jpgf0008928_6331626.jpg
[PR]
by straight_branch | 2008-09-24 06:34 | 直枝政広のドンキー日記
<< 『WHITE EARTH』〜僕... ナオエのドンキー日記(鳳凰編)#12 >>