<   2006年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ナオエのドンキー日記 # 18

 ごぶさたです。激しい月だった。いや、正確には去年の9月くらいからずっとなんだけど、特にこの1ヶ月は地獄でした。ライヴと濃密なアルバム周りのまとめ作業。ほんとは5月の3週目くらいから20日ほど完全休養をとる予定もあったんですが、なんとも。そう、16日に発売される「ロック画報」はカーネーション特集です。附録のCDも面白いことになっていますので、お楽しみに。そして日曜日の11日には久しぶりの京都「音楽感謝」。拾得で弾き語ります。関西のみなさん、お時間みて是非いらしてください!

6月8日
 ヤンマジュンに急遽呼び出され千葉。夜中のドンキーで撮影の打ち合わせ。おれは食わず、コーヒーのみ。2件目の中華屋で牛スジカレー。
BGM : ジョニー・キャッシュ『西部の伝説を歌う』

6月7日
 アコギ用ギグバッグを購入。シャツも数点、皮の良い財布を新調。
BGM : Bill Coday 『Right On Baby』

6月5日
 昨日の釣りで腕が筋肉痛。ミーティングは長く激しく、そして楽しく夜通しの飲み。締めにみんな丼物を頼みだしたので、おれは激辛カレー小を注文、味にしまりが足りないので醤油少々たらしたら満足。厨房のおじさん出てきて「すごいね、あんた。あんな辛いの食えたの?びっくりだ!」といわれた。ええと、たとえばココイチであればせいぜい5倍くらいの辛さだと思うんだけど。ちょろいよ、ちょろい。2軒目は4人。マニアックな話を延々と恵比寿のBarで。選曲もおそろしく素晴らしい。おれはいったい今日、何杯のジン・トニックを飲んだのだろうか。
BGM : Jools Holland 「 I Saw the Light」

6月4日
 C社のEさん夫妻と釣り。一年ぶり。Eさんは前日サーフィンをやった上、ベン・ハーパー観てきたとのこと、超タフ!今日もバスの釣り堀。天気も気温も風もよい。ほんと久しぶりの休日。最高の気分転換だ!午前は1本と不調。昼は大好きなまかないのカレー大盛りとビール。午後は匂いのきついザリガニのワームでようやくもりかえす。
BGM : The Modern Jazz Quartet & jimmy Giuffre 『Complete Recordings』
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「今村昌平監督」
 1976年頃でした、今村昌平監督が「神々の深き欲望」('68)のフィルムを抱えて、おれの母校である某都立高校に来訪、講演をされました。じつはその時、「麻呂」という名のフォーク・グループを組んでいたおれと相棒はこっそり講堂を抜け出し、放送室で自作曲の録音をしていたのです。今思うと申し訳なくて、恥ずかしくて、言葉がないです。息子の大介くんは同級生、彼が主宰した演劇部立ち上げの会合に参加した思い出もあります(武田泰淳「ひかりごけ」の舞台化のアイデアがはじまりでした)。その後、今村監督が携わった芳醇な日本映画のとてつもないおもしろさを知り、表現することの難しさ、その美しさや怖さを教わりました。この気持ちは作品で返すしかないのだと思います。ご冥福をお祈りいたします。f0008928_21251625.jpg
[PR]
by straight_branch | 2006-06-09 21:28 | 直枝政広のドンキー日記