<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

間もなくツアー開始☆

ブログをご覧いただいてる皆さま、こんにちは、ストブラ・スタッフです。
先週土曜は直枝さんのバースデーでしたね。ご本人曰く「7歳になりました!」とのことです。
お茶目というかなんというか…。

さて。
まず、お詫びです。
オールナイト・イベント「Straight Branch」、直枝さんが先にお伝えしているとおり、当初8月の予定で動いてましたが諸事情により調整つかず、具体的なことをお知らせできないまま今までお待たせしてしまってます、ごめんなさい。必ず開催しますから、もう少しだけお時間ください。申し訳ありません。

そして!
9月3日恵比寿リキッドルームでの公演を皮切りについに「WILD FANTASY TOUR 2006」が始まりますね! アルバム「WILD FANTASY」の珠玉曲の数々がどのように奏でられるのか興味深いし、セットリストもとても楽しみです。
いや〜もう、どの曲でバカ踊りしてどのサビで号泣するかな〜なんて自己予測をたてているところです。

先ほどオフィシャル・サイトをのぞいたら、ツアー物販の新商品でトートバッグが扱われるようで。早く実物見てみたいですねー。

それでは、みなさん、会場でお会いしましょう!
[PR]
by straight_branch | 2006-08-30 17:58 | from ストブラ・スタッフ

ナオエのドンキー日記 #21

 関東各地でのインストアにお越しいただいたみなさんありがとうございました。9月には大阪でもやりますので、ツアー共々、関西のみなさんもどうぞよろしくです。ここにきてギブソンの生ギター(型が不明でしたが、'69 Gibson Blue Ridgeらしいです)がいい感じに鳴っています。秋には東京でソロ弾き語りワンマン!というのも企画中。全国弾き語り行脚もやってみたいですね。



8月16日
 TBSストリーム生出演。マッピー久しぶり、元気そうだ〜。小西さんも気さくに話してくださるのでおれとゆるずはリラックスしながら楽しむ。スイーツ・コーナーでは九州は小倉の練乳パンを推薦。スタッフと喫茶店で歓談。プレイリスト原稿。
BGM : 長見順「あなたのあたま」

8月15日
 朝、起きたら車の右後輪がパンクしていた。なんだこれ。13時に京成佐倉でエディと待ち合わせ。駅前のガンジー・ラーメン。ここのメニューが異常。ミトコンドリアX、クラーク先生ラーメン、菅原道真候ラーメン、水戸黄門候ラーメン、ガンジー・ラーメン、ピンピン・ラーメンetc。わけわからんよ、おすすめは?と聞くと「カライノヘイキ?ダッタラ、ガンジー」というわけで出て来た丼みてびっくり。スープの中には焼石が入っててグツグツ。過激だ。スパイシーなカレー味で結構辛く、あっさりも深みがあり美味。ついでに昼ビール。食べつくした丼の底には黒い石がコロンと。その後、友人Nの展覧会を拝見し、近所の蕎麦屋でつまみとビール。渋い喫茶店でアイス・コーヒー(注文から40分は待った)。Nの案内で市内観光。印旛沼風景は淋しい。それから男3人ユーカリが丘駅前の飲み屋で飲み。ずっと食ったり飲んだりの9時間。夜中、力持ちの酒屋の林くんに手伝ってもらってスペア・タイアに交換。スタンドでタイアを見てもらったらクギが刺さっていた。
BGM : Essra Mohawk「Openin' My Love Door」

8月12日
 ディスク・ユニオン柏の1日店員イヴェント。その前にもちろん伍平でナポレオンライス。生まれてはじめて食べたカツカレーはこの店で、4歳頃だったはず。ユニオンのエプロンを付けるまえに買い物(それがルールというものだ)。いやぁ、いいのがあるわあるわ。やばい。エルメート・パスコアールやらざくっと、とにかく収穫日。そしてユニオン店員、名札つきエプロン装着。照れくさくも嬉しい。
 
 今日もびっくりするくらいのたくさんのお客さんが来てくれた。ほんとにありがとう。この日、司会をしてくれた旧知のユニオン五十嵐くんと楽しく何をしゃべったかは詳しくは忘れちゃったけど、おれが作った『観覧の栞』というオリジナル・テキストを見ながら、心の糧となったルーファス・ウェインライトの近作『Want』のとてつもないすばらしさ!!!やフィオナ・アップルの近作が好きな理由、リトル・フィートやクリスティン・パーフェクトのブルースについて語った。ライヴは先日の4曲に新ネタ「Magic」(やる時はやる〜)。まだまだ時間があるというので予想外のメニュー「My Favourite Boat」「Angel」をぶっつけで気持ちよく歌う。そんでサイン会。

 イヴェントの流れを作ってくれたユニオン(バムブル)金野くんと五十嵐くん、開始直前に機材の手配で駆け回ってくれたユニオンのスタッフ、店長の吉田くん、この企画を押し進めてくれたユニオン花田さんに最大級の感謝です。ありがとう。夢のような楽しい1日だった。

 Clockworksでレイチェル・スウィートを購入。居酒屋にて朝まで激しく飲み。夕方、二日酔いにて久しぶりに一発吐く。
BGM : Hermeto Pascoal『zabumbê-bum-á』

8月11日
 朝5時半起き。7時半に六本木ヒルズ到着。J-WAVE「GOOD MORNING TOKYO」。ジョン・カピラさんは1歳年上。しっかし良い声だ、ホレボレ〜。「オフィーリア」をゆるずと朝から気合いの弾き語り。リハもさせてもらったのでやりやすかった。ヘッドフォンの中の世界に包まれながら軽めに息っぽく歌う。スタッフともども朝コーヒー。夕方、戸越でマッサージ。寿司。超寝る。
BGM : Bonnie Pink「Private Laghter」

8月10日
 ギターかついでタワー新宿。またまたすごい人が集まってくれた。熱いぞ〜!トークの後、弾き語り4曲。今日の新ネタは「Standin' All Alone」。まさかあの曲を弾き語るとは誰も思わなかっただろう。おれもやる時はやる〜。そんでサイン会。新宿タワーのスタッフの皆さん、C社のみなさんおつかれさま、ありがとう!8階でブラジルものとジャズ・ヴォーカルを購入。C社のEさんとスタッフと印度屋でサグパニールの「激辛」とビール。おれが食うところを店員がずっと興味津々に見ていた(確かに辛い…ぞ)。途中寄って来て「モットカラクスルカ?」だって。長見順さんのDVDとCD(『超スローブルース』すばらしい!)をいただく。

8月7日
 いとこのヤマジュンとドンキーの日、ところがエアコン故障とかで店は激混み。違う店で大喰い。DVD『出張』購入。これは日本映画の隠れた名作である。
BGM : 『出張』DVD

8月5日
 ギターかついでApple Store渋谷。たくさんのお客さんにびっくり。熱気あるなぁ。トーク&弾き語り盛り上がった。演奏は3曲「Wild Fantasy」「ローラの方法序説」「オフィーリア」。新ネタの弾き語りは緊張するが、おれもやる時はやる〜。まさかローラやるとは思っていなかったみたいで矢部くんもびっくりしたみたい。ここは音響もすばらしい。山宮さんありがとう。パスタ食ってから千歳船橋のスタジオへ行ってエクスペリメントイのミックスを見学。毒舌なギターというか、隅から隅まで神経がゆきとどいたサウンド。若い熱情がかっこいい〜。先日のハリケーン・フェスティヴァルの映像もチェック。

8月4日
 柏ディスク・ユニオンでレコード針交換。ポール&リンダ・マッカートニー『RAM』のデンマーク盤を発見、あと『Red Rose Speedway』の国内初回帯LPも。前者はノイズひとつない最高のコンディション。後者は出た当時、APPLEの相棒に聴かせてもらった盤と同じ。青い帯と時代めいたロゴが美しい思い出の一品。ほんと柏のユニオンには良いレコードがいっぱいある。近所のClockwork's Recordsも独特の品揃えで好きな店。行くとつい何か買ってしまう。TIERRA『Bad City Boys』等。あとは練習。
BGM : Paul And Linda McCartney『Ram』

8月3日
 読売新聞夕刊にインタヴュー掲載。今回は露出がすごいのだ。じつはハリケーンには二人の専属プロモーターがいて、それぞれが紙媒体と電波媒体のプロフェッショナル。奮闘、日々走りまわってくれている。アルバム・クレジット以外ではなかなか表にはでてこない(シャイだしね)けれど、二人のパワーにはほんとびっくり、頭が下がる。感謝しきれない。

8月2日
 品川で2年ぶりに床屋。何かすっきりしたくて顔そりをやってもらう。これは肌にもよいそうだ。J-WAVEの「グルーヴライン」にゆるずとにぎやかに生出演。渋谷HMVでCDをいろいろと相当買った。Moondogのレア曲集2枚組、『Fly Like An Eagle』の30周年盤、フェアポートのライヴ、映画『みんなのうた』DVDなどなど。
BGM : Betty Carter『Round Midnight』


7月31日
 マドンナのDVD+CD『アイム・ゴーイング・トゥ・テル・ユー・ア・シークレット』。DVD140分のドキュメンタリーに大感動。来日公演も行ってみたいがチケットなんて手に入るわけがない。ボニー・ピンクのベスト『Every Single Day』も素晴らしい。「A Perfect Sky」の突き抜けた明るさは今年の夏のおいらのテーマになった。何度も聴いて気を上げる。
BGM : Bonnie Pink「A Perfect Sky」

7月30日
 下町風情びしびし北千住のファンダンゴはいい感じに恒例の夏セール中。Ronnie Mac『The Hills Of Indiana』、Matthew Moon『The Sport Of Guessing』、Eddie Hinton 、Swamp Dog『Rat On』等を購入。
BGM : Swamp Dog『Rat On』

7月29日
 アンプ下ろす時に腰がピリっときた、やばい。またもやマッサージへ。

7月28日
 戸越でマッサージ。
BGM : Caetano Veloso「The Empty Boat」

7月27日
 クアトロ「ハリケーン・フェスティヴァル」。エクスペリメントイ、思考するギター。つめてつめて、構築してナンボのキャラクター。二枚目で最高な奴らだと思う。おれたちは久しぶりのライヴだったが、エッジもノリも出ていてよかったと思う。歌モニターの状態が良く「やるせなく果てしなく」はかなりいいところまでいけたかも。赤いギター最高!そして、シナロケはR&R暴走列車!ゆるずとノリノリで観る。ロックのオーラ浴びて元気が出た。アンコールはほとんどぶっつけ。気持ちよくブルーズ。「Don't Let Me Down」ではシーナさんと一緒に歌わせてもらったり。鮎川さんが「B!ビー!」と叫ぶと、はじまったのが「Johnny B Good」。おれも20年バンドやってるけど、この曲は生まれてはじめて演奏した。ここにいて、シーナ&ロケッツと顔見合わせてようやく胸張って。こうやって尊敬する大先輩とR&Rできる幸せ。じーんときたね。楽屋にエディ(制作中のロック・オペラ『エディ』は10年後に出すのもいいんじゃないか?とのこと)も来てくれた。小松崎健郎さんともようやくお会いしてお話。モット・ザ・フープルがいかに好きだったか、とか。打ち上げは某所で結構深くまで。社長の運転する機材車で品川。
BGM : Tirador Laser「Fututo」

7月26日 
 『WILD FANTASY』発売。牛込天神町の立ち食い蕎麦を一口で。早稲田にてリハ。夕方、平石くんがずっと製作してきた新作のテレキャスター(写真)を持ってきてくれた。マディ・ウォーターズと同じキャンディ・アップル・レッド。「やっぱりこの色にしてよかったね」と二人してニヤリ。色ばつぐん、木も最高、当然すげぇ抜けるいい音。新作のエフェクターも貸してくれた。さっそく明日のライヴからこのギターを使わせてもらう。帰りに平石くんの家に寄っていろいろとギター・コレクションを見せてもらう。ロビー・ロバートソンと同じエピフォンにはまいった!あの初期の『The Band』のままの音がした。
BGM : The Band「Jowbone」(エピフォンを爪弾いて)

7月25日
 読売新聞取材。丸の内でインデアンカレーを食す。銀座HMVにも寄る。
BGM : ボブ・ディラン『血の轍』(紙ジャケ)
f0008928_2544121.jpg
[PR]
by straight_branch | 2006-08-20 02:58 | 直枝政広のドンキー日記