<   2007年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ナオエのドンキー日記 #25

今年もよろしくお願いいたします。おれは年男だそうですが、まずはのんびりスタートな感じで。ストブラは春頃にまたやりますよ〜。

1月7日
 Donna Regina 『Late』、Sally Spring 『Mockingbird』、中古LP Bert Jansch『It Don't Bother Me(自由と魂)』を購入。今日は泡盛ぐいぐいいく。新年会続きである。あと三つくらいあるかもしれない。
BGM : Sally Spring 『Mockingbird』

1月5日
 地下鉄千代田線同盟の飲み会。湯島にて日本酒ぐいぐいいく。バーに移動、そのあとカラオケで「ハリウッド・スキャンダル」を歌ってから気絶。次回は根津で飲む。
BGM : Karen Dalton 『It's So Hard To Tell Who's Going To Love You The Best』

1月4日
 湾岸スタジオで新年会。手作りのモツ煮込みも何もかもがおいしかった。明け方までゲームで笑いこける。
BGM : Karen Dalton 『In My Own Time』

1月3日
 今日は餅はなし。しかしロッテのチョコパイはやばい。両親を乗せて品川。天祖神社に御参り。
BGM : Muddy Waters 『The Complete Plantation Recordings』

1月2日
 何もしない。髭すら剃らない。
BGM : String Cheese Incident 『Live At Thomas Wolfe Audiorium 2006-10-07』

2007年
1月1日
 今年もどうぞよろしく!どうやらおれは年男らしい。一陽来復のお札を24時ジャストに貼る。だったん蕎麦食って風呂入って引き続きロスナイの掃除したりレコード棚の整理。仕事なみに集中する。年明けBGMはフリートウッド・マック。そしてデヴィッド・グリスマン・クインテット。最高の音楽。正午に雑煮。何個かわからないけど山盛り3杯でやめとく。部屋の掃除したらスピーカーが良く鳴った。晩の買い出しついでにひとりでお寺に詣で。テレビは見ない。でも時間はあっという間に過ぎてゆくのであった。
BGM : Fleetwood Mac『Fleetwood Mac』(180g 重量盤)

12月31日
 廃棄処分するCDを集めたり、床に並べたりとっちらかったままだったレコードや棚の整理。大量のLPレコードと格闘、これも結構ないい運動になる。2006は試練の年だった。これまで何年も突っ走ってきて精神も肉体もへとへとだったが、アルバム制作に始まり、とことん間違えたライヴと、とことん良いライヴの両方を体験しつつ試行錯誤。お客さんの前で成長できた。医者にもよく通ったが、後半はよくやったと思う。弾き語りソロとAXは歓びの極みだった。良い音楽との出会いも多かったが、全体に発掘と見直しの時期。今年のベストはここにきてGeorgia Ann Muldrow。iTunesのトップ1はBonnie Pink「A Perfect Sky」。友人たちとよく話し、食い、よく飲んだ年。来年は十分にリラックスしてから始動する。
BGM : Travis Wammack 『That Scratchy Guitar from Memphis』

12月30日
 実家で恒例の餅つき。恥ずかしくて書きたくないほど食う。山盛りの雑煮5杯。納豆と大根おろしで2個。長見順の新譜『クーチークー』は脳内シンフォニックな大傑作!脳みそから胸のおくまでジンとくる。ほんとまいった、もう泣く!さすがだ!
BGM : 長見順『クーチークー』

12月29日
 夜、ユニオンの五十嵐くんと。貸してたレコードと頼んでいた分厚いビートルズ本の受け渡し。茨城まで車で送る。初めて走る道だ。とにかくあたりは真っ暗だが「夏は蛙の合唱です」と言うとおり、のどかな場所に違いない。夜空は澄む。帰り道に流れ星を見た。ハッとして3秒後、商売繁盛を祈る。
BGM : Karen Dalton 『In My Own Time』

12月28日
 ザッパ家から『The MOFO project/object』4CD届く。
BGM : 『Modern / Kent The Best Of Blues Guitars』

12月27日
 タリーズでコーヒー買って赤坂グラフティ。リハ終えてぞろぞろと時間潰し、ルノアールでおしゃべり。「おれたちはバイキングたべられるのだろうか?」とか。プンクチル。素晴らしい。名前通り(PUNKCHILL)癒しパンクか。世界一音の小さなパンク・バンド。曲も粒ぞろい。2007年はみんな注目すべき。ソフテロはもがいてがんばっている。すごくいいこと。時間をかけて体力をつけていくだろう。鈴木博文さんは緊張感をのせて、ロマンを越えて。さすがの説得力。日本のどこにもない個性。太い涙がよく似合う上田ケンジは博文氏曰く「素直な歌い方」。さすがにアコギを弾くベーシスト同志、寂しがり屋の波長がよく似ている。いい曲ばかり。ブレがない。キーボードの十川さんもユニークな個性強めに好サポート。おれは「大食漢」「ハッピー☆アンラッキー」「やるせなく果てしなく」「コズミック・シーのランチ・タイム」「Wild Fantasy」。政風会では「裸足のリタ」「霧笛」「大寒町」。指弾きでトリップ感を出す。感情こめて出来た。政風会は2007年に正式に復活する。来年はきっといいCDができると確信している。ラストは「JUICY LUCY」。一色さんのMC爆発後「ボクハナク」。終演後、飲みながらみなさんとお話。観に来てくれた鈴木慶一さんに弾き語りを褒められる。そこからみんなして恵比寿のBARへ移動。ワインたらふく飲んで音楽の話ばっかり。めちゃくちゃ楽しかった。一色さんとも最後まで。朝まで飲んだ飲んだ。電車でさすがに気絶。

12月26日
 湾岸で政風会のリハ。雨で道が果てしなく混む。羽田線分岐手前にて口ずさむと曲が閃いたはいいが、うっかり間違えて直進、大黒埠頭方面へ。しかたなく空港中央から天空橋にでて環八。無事にリハ終え高速で千葉市。ヤマジュンからラモーンズのDVDなどを受け取りドンキー。大食いのふたりとも最近食が落ちたので150gにしておく。夜中のリサイクル屋でデラボニCDを700円。激しい雷雨。ヤマジュン家のまわりも水害。14号のG.Sで「今日は運転恐いですよ」と言われる。まず、雨が激しすぎて前が見えない。途中、サンダーバード4号になったつもりで深い水中を走る。ところどころ通行禁止。なにより車が心配。運転してここまで恐い日もなかった。中森さんにメール「あの車は大丈夫!BMWならおしゃかでした」とのこと。
BGM : デラニー&ボニー『モーテル・ショット』

12月24、25日
 連続でふたつ忘年会。飲みすぎ。電車で気絶。駅寝過ごしと乗り間違えの連続でタクシー待ち行列にも参加。
BGM : Scott Walker 『Scott 4』

12月23日
 今日はぽっかり予定があいたので、休むことにする。ネット注文していたムーンライダーズのCM集『Moonriders CM Works 1977-2006』とNeil Young『Crazy Horse Live At Fillmore East 1970』が一緒に届く。素晴らしくPOPなライダーズCM集にはおれも2曲ほど関わった曲がある(その「明星一平ちゃん」には別ヴァージョンがかなりの数あるはず。「キリン・ラガー'95」ではたしか青山くんと一緒に歌った)。ニール・ヤングのアーカイヴスはおなじみのテイクもあるし、予想どおりながらなかなか楽しい。43分がやたら長く感じる不思議。最近毎日、海苔と納豆を食う。
BGM : Neil Young 「Everybody Knows This Is Nowhere」

12月22日
 車にのって品川。すこしボ〜っとしてから電車で原宿。美容院でカラー。Playlist MagazineでおすすめしたGino Paori『Se』がスタッフ陣に大ウケで、店内Playしているとのこと。うれしいねぇ。高円寺で激しく打ち合わせ、夜中は笹塚のイタリア料理屋で旨い食事(アンチョビのドレッシングで食うサラダが最高)。昨日から酒と食いが戻ってきた。実家で寝て、朝6時半に高速に乗る。太陽がすごく眩しい。
BGM : Mothers of Invention『We're Only In It For The Money』(MFSL)

12月21日
 ハリケーンでDVDの打ち合わせ。予定時間越え、急いでタクシーに飛び乗るも渋滞が恐いので赤坂見附で降りて銀座線で上野。居酒屋にてファン会報のインタヴュー。第4回でようやく『天国と地獄』まで話し終える。幼少時代からここまでを夜明け前編(笑)ということで括ってここで一回締めるのもありだ。居酒屋出たら隣が1杯300円の立ち飲み屋。「あと一杯だけいきますか」で日本酒。
BGM : The String Cheese Incident 『Chicago,IL 02-04-12』

12月20日
 年末なのに道がわりと空いていた。シブヤ楽器へアンプを受け取りに。真空管周りを交換、調整してくれた。毎年恒例、歳暮の米を積んで湾岸スタジオ。お母さんに海苔とみかんをいただいてしまった。鈴木博文さんと政風会のリハーサル。犬、でかいし舐められた。アシッド風味な演奏を楽しむ。昔のレコーディングで毎日のように通った懐かしいジョナサンでトマト・シチュー・ハンバーグのけんちん汁セット。夜9時が最初の食事とは。
BGM : Stark Reality 『NOW』

12月19日
 妙にハイな気分。NESTでマダムギター長見順と二階堂和美のライヴ。Openingはハッチェル楽団。おかしい。バンジョーの上手さとあのとぼけた表情、ツボだ。次は二階堂さん。マイ・ペースでたくさんのお客さんの心をつかんでいる。楽屋にてDVDをいただいた。トリはマダム。ブルースの枠にとらわれないやり方がとてもよく似合う。あらためて、たくさんの可能性をびしびし感じた。楽屋で「無意識が生んだお互いの楽曲」について語る。
BGM : Georgie Fame 『The Two fases of Fame』

12月17日
 Georgia Anne Muldrowのすばらしさよ。DIG誌の2006年ベスト10に入れたかった。いらないCDや靴だとか服だとかを整理。昔のステージ衣装やTシャツ等もったいないけどね。エレキングの帽子、ブービー・ショウ時のヴィンテージのスゥエット(60's Champion、銃弾穴有り)は残す。旅行鞄の中からなくしたと思っていたジッポーとか出てきた。
BGM : Georgia Anne Muldrow『Olesi : Fragments of an Earth』f0008928_1135266.jpgf0008928_114916.jpg
f0008928_1142375.jpg

[PR]
by straight_branch | 2007-01-09 01:27 | 直枝政広のドンキー日記